セカンドオピニオン

タイトルからして、「なんのこっちゃ」と思われた方も多いと思いますが、実はこの「セカンドオピニオン」こそが、心療内科で良い医者と巡り会う早道だったりします。

「心療内科」という科目は、字面こそいかめしいですが、やっていることの半分は「患者から今まで鬱積した本音・愚痴を引っ張り出し、患者の考えに問題がある部分があれば、叱責したり、考え方が前向きに変わるようアドバイスしたり…」というのが実情なワケです。
ですから、医師と患者の相性がまず良くないと始まりません。

そこで、「セカンドオピニオン」です。
同様の症状を持つ仲間から情報を得たり、最近は『タウンページ』などにも大量に情報が載っていますから、一人目の主治医とは別の医者にかかって、主治医の先生とは別の先生の目から診断して頂くのです。
そのときに、別の神経症状が見つかったりすることがありますし、うつだけかと思ったら実は躁うつ症状だった…なんてことも珍しくありません。

自分の心の奥底を無理矢理開いてさらけ出す…必要があるのが心療内科ですから、医師と患者の相性が良くないと、最悪の事態を招きます。


少し長くなってしまったようですね。
ここから先は、次回語ります。

----------

今回は心の癒し音楽ということで、天野こずえ先生の名作「ARIA」から、集大成「ARIA The BOX」を選んでみました。
アニメーション作品ということで、劇伴音楽を馬鹿にする人が多数いるわけですが、このARIAはそこらの粗製濫造版とは違います。
残念ながら歌付きだけは打ち込みですが、大半の曲が実際の演奏を収録しています。
作品自体も、各話とも癒しの中に何か暖かいモノが心の中に残るように作られているわけですが、まずは曲を聴いて下さい。
アニメの食わず嫌いが治ること、請け合いです。



ARIA The BOX
flying DOG
2009-09-23
TVサントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ARIA The BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




では、また次回。



精神科セカンドオピニオン—正しい診断と処方を求めて (精神科セカンドオピニオン)
シーニュ
誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 精神科セカンドオピニオン—正しい診断と処方を求めて (精神科セカンドオピニオン) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック