復興に向けて

なんか、原発存廃に関する国民投票に対する拡散依頼がTwitterを駆け巡っていますね。

冷静に判断出来る人は分かると思いますが、今現在稼働中の原発を全て廃止する方針が打ち出されたとして、既に日本で発電される電力量の1/3は原子力に頼っているわけです。
その「総発電量の1/3」を、何を使って代替するのか、代替エネルギーを採用することで、CO2排出量が増えたりしないか、地球への負荷はどの程度か…などなど、検討すべき事柄が山のようにある。

さらに、「国民投票にかかる金、そのものがもったいない」と、考えないのでしょうか。
今目の前にある問題、それらを全て片付けるのにどれだけの金が必要か、想像出来ない人たちなんでしょうね。
福島の原発問題がもし発生していなかったら、こんな話は出てこなかったと思いますしね。


# 大体、「再生可能エネルギー」って何だよヽ(`Д´)ノ
# 風力とか、太陽光とか、(恐らく)人類が滅びるまで利用しても枯渇しないエネルギーのことを総称するらしいが、
# 基本的なところで、「再生」って小学生でも意味を習うよね。
# 太陽光や風力って、何を「再生」しているのか、ご教授頂きたいものだ

----------

というわけで、今回は発電から送電までを簡単に解説した本。
使うだけではなく、「作る」という観点でレクチャーを受ければ、別の意味で問題の本質が見えてくるかも。


発電・送電・配電が一番わかる (しくみ図解シリーズ)
技術評論社
福田 務

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 発電・送電・配電が一番わかる (しくみ図解シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック